2011年03月30日

デッカイドー

 先週末生肉販売がありドッタバッタの日々を過しておりました。

 最近の我が家の豚さんは超ビックで、3頭なんだけど今までの豚4頭分の重量があります。

 お父ちゃんと2人で1日で3頭が一杯一杯だったので、今回はやってもやっても・・・・

 
 話は変わって、去年の暮れから瀬棚区にある「共同作業所ふれんど」さんが
 当農場の黒豚肉を使って「黒豚カツサンド」を作って販売して下さっています。

 「ふれんど」さんで働く友人に「まだ『黒豚カツサンド』なるもの食べて無いので、今度買いに行くね」と言ったら、何と昨日わざわざ「黒豚カツサンド」を持って来てくれたのです!!

                 黒豚カツサンド.JPG


 なんと1個150円!! うっうっ美味い! もちろん他のパンも美味い!! 

 お近くの方、お薦めですよ!! 
posted by ミセスBuu at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

感謝

 各地でイベントが自粛され中止となっていると聞きました。

 日曜日にせたなの山の中で小さな小さなギターコンサートがありました。

 主催者のNさんと私の父のまっさんも開催するか悩んだようですが、まず私たちが元気でなければ日本全体が沈みがちになってしまう。

 素晴らしい音楽を聴いて力をもらい、今一度私達のあり方(生き方)を考える時間を共に持ち、素敵な時間を過ごしました。


                   山の音楽会2.JPG

 コンサート終了後、私達の加工品を販売させて頂きました。

 私達に出来ることの一つとして、売り上げの半分を義援金とさせて頂きますと皆様に呼び掛けました。

 お客様30人そこそこの小さな音楽会でしたが、皆様が協力して下さり持って行った加工品ほぼ売り切れました。

 
 昨日はせたな町の保健センター企画で「オーガニック料理教室」が開催されました。

 地元の食材を使い函館の「レストラン ル。ヴァン」の関川シェフのご指導のもと豪華コースメニューを堪能しました。



オーガニック料理教室.JPG
教室終了後には、山の会の富樫さん、シゼントトモニイキルコトさん、トマト羊のよしもりまきばさん、チーズの村上牧場さん、ファームブレッスドウインドの上泉と漁師のマーレ旭丸さんの協力もあって、販売会をいたしました。

 コチラも売り上げの半分を義援金とさせて頂くことを伝え、多くの方にお買い上げいただきました。

 料理教室に来て下さったMさんは買い物袋一杯の小銭を義援金として私達に託して下さいました。ありがとうございました。

 この義援金は「おぐにフォルケ」へ郵便局を通して送らせて頂きました。
 
 今週末には函館の駅前の「夢八」さんでチャリティーマルシェが開催されます。

 当農場の加工品も村上牧場のケンゴくんに託します。 どうぞ函館近辺の方ご協力お願い致します。


 近辺の方もまだ加工品がございますので、ご協力お願い致します。
posted by ミセスBuu at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

農家レストラン

 昨日娘のヨッチが学級通信を持ち帰りました。

 全校生徒7人、1〜2年生は3人の複式クラス・・・・

 その通信に書かれていた文章を紹介します。

 
 農家レストラン

 1学期の終わり頃だったかな? 大人になったら、3人でレストランをやりたいと言っていた事がありました。「どんなレストランにしたいの?」と尋ねると、「料理に使う野菜とかは自分たちで作る」「豚や牛も自分たちで飼う」「魚も育てる」「犬も飼いたい」・・・・といろいろ出たので、生活の時間を使って、模造紙に少しずつ作らせて見ました。馬場川の子らしい発想で、見ていて楽しかったです。
 店名は、「NOUKAレストラン」。修了式の日まで、教室内に掲示していますので、学校に寄った時にでも見てやってください。


noukaレストラン.JPG



nouka.JPG


posted by ミセスBuu at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

私達に出来る事

 地震からもう1週間がたとうとしています。

 私はこの1週間、「あ〜大変だ〜大変だ〜」と言うだけで何もせずに来ました。

 穏かに朝が来て、目の前にはいつもと変わらぬ美しい景色が広がり、お腹が空いたら必要以上に食べ物を口に運び・・・・

 福島第一原発の大事故、真摯に真実を伝えようとしない政府や東電に対する怒りを口にするだけで、何もせずに来ました。

 本当は私の無関心、傲慢さ、怠慢さ、無責任が生んだこの世の中の有様なのに、あまりにも人事にし過ぎている自分・・・・

 被災地では食料が届かず餓死寸前の子供がいるとの事、凍死される方がいるとの事・・・・

 やっと、今私に出来る事を必死に考えています。

 今回農業者の仲間たちで、

 チャリティマルシェ 札幌エリア 大通り地下にて山の会・シゼントトモニイキルコトも協賛で 22〜24日開催します。 『農は命を繋ぐこと 食は命に感謝すること』 ここでの売上金は被災地に全額寄付されます。・・・が、冷蔵品など販売できない為当農場は参加できません。

 
 それで、今ネット販売している当農場の加工品を買っていただき、そのお金を直接義援金として振り込んで頂きたいと思います。

 送金先はもう被災地に入って物資を届けている「てんつくマン」と考えています

 加工品と共に振込先を記入した振込用紙を入れてお送りいたします。

 買って下さった方々の思い・祈りと共に被災された方々のお役に立って頂けたらと思います。

    黒豚無添加加工品のご注文はこちらから
 
 


 

 
posted by ミセスBuu at 13:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

いのちを頂く


里芋の芽.JPG





 先日、隣の区にある全校生徒14人の玉川小学校へ行ってきました。

 瀬棚区に住む農家仲間の生産物を使って、
 生産者と先生と生徒さんと親御さんで調理体験学習を行ないました。

 始めに、各農家の方々がそれぞれ

 どの様にお米を作っているのか・どうして農業を始める事になったのか・どの様な豚の飼い方をしているのか・などなどそれぞれ5分程農場紹介をしました。

 全く話す事を考えずに参加してしまった母ちゃんは、順番が周ってきたら緊張してしまい口の中が乾燥してカラカラ状態・・・・
 
 自分でも何を話してるのやら状態で、

 次の「モリガキ農園」のさとしくんにバトンタッチ・・・・

 彼は前に出るなり14人の生徒一人一人に卵を握らせ、

 「この卵は生きていると思いますか?死んでいると思いますか?」と問いかけました。

 「生きている」と答えた生徒は3〜4人くらいだったかな・・・

 さとしくんが「その卵を温め続けたら、ヒヨコが産まれて来ます」といった時の

 子供たちの驚き顔と、ただの卵じゃなくなった卵(小さな命)を持つみんなの手・・・・

 
 「ご飯の前に言う『いただきます』の意味知っていますか?
  命をいただく、その事に対する感謝の言葉だよね・・・」

 
 

 
 皮をむいて水に付けたまま放置してしまっていた里芋から芽が出て来ました・・・

 北海道では育たない里芋ですが、この力強く出た芽を日々眺め

 多くの命をいただきながら生かされている事にしみじみ感謝!
  

 

 


 
posted by ミセスBuu at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

気合だ〜

 昨日、今日と室温6℃の加工所で一日お仕事でした。

 母ちゃんどうやら又風邪にやられたようで、鼻水・クシャミが止まりません・・・・

 今年はヨッチも母ちゃんも虚弱体質になってしまったようで、咳が中々抜けず治り切るまえに新たに風邪を引き出してる状態・・・

 気が付いたらもう3月・・・だけど久しぶりの「せたなのシベリア」視界ゼロの猛吹雪となりました。

 外も寒いし、加工所室内も冷蔵庫並みに寒いし、家に帰って来ても薪ストーブの為中々家が温まらず寒い・・・・

 「寒い寒い」言っていたら、

 ヘンリック君が

 「30℃のタイのビーチをイメージして〜、ビーチでコークを飲んでるよ〜、ねっ!
暖かくなってきたでしょう〜」

 「う〜ん・・・・・・」微妙〜ですが、ヘンリック君のそのいつも前向きな心意気で暖かくなってきたかも・・・・

 


 
posted by ミセスBuu at 22:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

37歳の蒙古斑

 2月15日に無事青色申告を提出しました。

 青色申告はいつも3月15日ギリギリまでかかって提出していたから、約3ヶ月近くプレッシャーとストレスと極寒の中での生活で本当に辛い冬を過していたのだけど・・・・

 今年の2月は今までに無いくらいスッキリとした青空快晴の日が多く、母ちゃんの心もスッカーンと晴れわたっています! 本当に幸せ!

 一ヶ月の中で約3週間加工に入っているので、忙しさ的には夏も冬も変わらないのだけど、
今年の冬は格別です!

 今までは気持ちに余裕がなく、何か新しいことにチャレンジする気持ちにもなれなかったのだけれど・・・・

 今年はとある事にチャレンジ!!37歳には無謀?雪掻きをちょっと真剣にやっただけで、腕・肩がバリバリになってしまう母ちゃんが・・・

 
 結果は上のタイトル通り・・・・お尻にドデカイ青痣が・・・・

 でも心地良かったです。 何か新しいことにチャレンジするって事が・・・・・

 最近は歳を理由にして心を外に向ける事も億劫がっていたからね・・・

 「37歳の蒙古斑」は今の母ちゃんの勲章、臆する事無く色々な事にチャレンジして行きたいとお尻を摩りながら心新たに決意しました・・・



                     静雪2.JPG


 

   この写真はスッカーンと晴れ渡った青空じゃないけど、
   粛々とした空気の中に自分の氣も同化させて頂けて心地よい


                      静雪.JPG
posted by ミセスBuu at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。