2012年01月20日

あらら〜

 昨年の春、ヨッチが学校から視力検査の結果を持って帰ってきた。

 テレビもゲームも無い大自然の中で生活し、目が悪くなるような環境じゃ無いと思っていたのに0.5と0.4・・・・

 ま〜そのうち良くなるだろう!と、何の根拠も無いいい加減さでほっといた。

 先日、何気に「ヨッチ目の調子はどう?」と聞いたら「いや〜もう全然見えない」なんて言ってる・・・・

 本当かどうか分からないが、もう冬休みも終ってしまうので急遽昨日函館の眼科まで走った・・

 なんとなんと、0.15と0.2・・・悪くなってる・・・・

 その足でメガネ屋さんに行って来た。 いや〜今はおしゃれでこんなにメガネが安く買える事に驚きだ!! 鏡を見ながら何種類も試してみる・・・彼女の好きなブルー色のメガネをゲット。

 最後に店員さんが「初めてのメガネですし、活発に動かれたりして最初は壊してしまう事もあるかもしれませんが、怒らないであげて下さい」との事・・・

 店を出てからヨッチ、「最初は壊しても怒られないんだ、良かった〜」だって

 ヨッチの冬休み最終日も無事終わりました。

 
 


 

 
posted by ミセスBuu at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

福島キッズ

 昨年の暮れの話になってしまいますが・・・

 12月27日に「風の未来`s」の仲間達と七飯町大沼・流山温泉で行なわれていた、福島キッズ「冬のプログラム」の炊き出しお手伝いに行ってきました。
12月24日〜30日の一週間、北海道の冬ならでのプログラムを沢山組んで福島キッズをお迎えしておりました。

 その中のたった一日だけのお手伝いでしたが、とても良い経験をさせて頂きました。

 沢山の学生ボランティアが子供達のお兄ちゃんお姉ちゃんとなり、子供一人一人に気を配りみんな本当に楽しそうに目がキラキラしていました。

 お昼は140人分のカレー、夜は90人分のつくね汁・・・・料理作りの指揮をとって下さった、札幌の料理研究家の松田さんは子供達が食べやすい野菜の切り方から味付けまで、細かい所まで気を使い料理をされておりました。
そして、沢山遊んで腹ペコになって帰ってきた子供達の「ちょ〜うめ〜」の声・声・声
食欲も凄かった〜。
                  福島キッズ松田さん.JPG 

 これは、都会の子供が冬の北海道にただ遊びに来ているのでは無いのです・・・・

 原発の事故により不自由を強いられている子供達が、本来あるべき自由を取り戻すべく北海道の地まで来ているのです・・・それも1週間という期限付きで・・・


 日本という国が守るべき者達守らないから、多くの人達が必死で子供達を守ろうと動いています・・・

 私もたった一日手伝いに行ったくらいで偉そうな事は何も言えないけれど、一日でも良いから真剣に今もなお線量計を首から下げて学校へ通う子供達がいる事に心を留めてくれたらと思います。


                    








                  







posted by ミセスBuu at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

明けましておめでとうございます!

 新年が無事明けました・・・みな様今年もどうぞよろしくお願い致します。
 ブログ随分ご無沙汰してしまいました。

 冬眠に入ってしまたのでは?とご心配されている方もいらっしゃたのでは?

 去年も冬前に十分な食料確保怠ってしまい冬眠できずにいます・・・

                    2011年おおみそか.JPG

 話は変わりまして・・・

 元旦に10年前の私から手紙が届きました! フォルケ時代(父が瀬棚フォルケ・ホイスコーレと言う塾をやっていた)私が受け持った時間に塾生と書いた物です。

 10年前に何を書いたか何となく覚えていたので、それ程ワクワクする事無く開封しました・・・・

 でも読み始めたら、そこには28歳の私がいてとても不思議な感覚に陥りました。

 「
         10年後の私へ


    38歳・・・・40歳を前にまだ歳をとる事を恐れ焦りを感じているのでしょうか?

    新さんとは良い関係でいられているでしょうか?

    私達の農場は・・・・

    今、結婚して1ヶ月、お腹には5ヶ月の赤ちゃん。

    インマの家の2階で4月から入る農場設計を頭の中で描いて楽しんでいます。

    現実の厳しさをこれから思い知らされるのか・・・・今は不安より希望の方が
    勝っているな〜

    10歳の子の母親として頑張っているのかな〜。 生きていたいと思う。

    私達の健康が守られ、平和である事を祈って・・・ 
    
    10年後、農場が形造られている事を願って、家族が増えていることを願って。

    この10年でどれだけの変化があるか楽しみだ。
    神様に守られた日々でありますように。
                                  

    11期生 朝のミーティングで                   」


  28歳・・・自分の人間的薄さや、弱さ、経験の無さ、全てに自信が無くこのまま30歳になってしまうのか焦っていたなと思い出した・・・

  38歳の私・・・10年と言う歳月で人間的厚みが出て、強くなり、経験豊かになり自信がついた・・・・かどうかは分からない。決して、良き妻や良き母親でも無い・・・・
しかし、いかなる自分でも良しとして受け止めてくれる方がいる安心感が今の私にはある。 だから焦りは無い・・・例えやっと形造られた農場を手放す事になってもね・・・(多分)

 
 「あっ」と言う間の10年・・・
 これからの10年を想像する事が更に難しくなったご時世・・・

 それでも、48歳の私に手紙を書いてみたくなった元旦でした。



 
posted by ミセスBuu at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。