2012年01月12日

福島キッズ

 昨年の暮れの話になってしまいますが・・・

 12月27日に「風の未来`s」の仲間達と七飯町大沼・流山温泉で行なわれていた、福島キッズ「冬のプログラム」の炊き出しお手伝いに行ってきました。
12月24日〜30日の一週間、北海道の冬ならでのプログラムを沢山組んで福島キッズをお迎えしておりました。

 その中のたった一日だけのお手伝いでしたが、とても良い経験をさせて頂きました。

 沢山の学生ボランティアが子供達のお兄ちゃんお姉ちゃんとなり、子供一人一人に気を配りみんな本当に楽しそうに目がキラキラしていました。

 お昼は140人分のカレー、夜は90人分のつくね汁・・・・料理作りの指揮をとって下さった、札幌の料理研究家の松田さんは子供達が食べやすい野菜の切り方から味付けまで、細かい所まで気を使い料理をされておりました。
そして、沢山遊んで腹ペコになって帰ってきた子供達の「ちょ〜うめ〜」の声・声・声
食欲も凄かった〜。
                  福島キッズ松田さん.JPG 

 これは、都会の子供が冬の北海道にただ遊びに来ているのでは無いのです・・・・

 原発の事故により不自由を強いられている子供達が、本来あるべき自由を取り戻すべく北海道の地まで来ているのです・・・それも1週間という期限付きで・・・


 日本という国が守るべき者達守らないから、多くの人達が必死で子供達を守ろうと動いています・・・

 私もたった一日手伝いに行ったくらいで偉そうな事は何も言えないけれど、一日でも良いから真剣に今もなお線量計を首から下げて学校へ通う子供達がいる事に心を留めてくれたらと思います。


                    








                  







posted by ミセスBuu at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。